| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

猫日和512 ストロベリーグァバ

猫日和511-1


ずっと温室育ちだったストロベリーグァバ
今年の5月初めて外へ出してみた

眩しい光を浴び 風に撫でられ
蜂さんまでご挨拶しにやってきた
「新顔さんですね」


猫日和511-2


我が家にやって来てから5年間
1度も実をつけたことがなかった
ストロベリーグァバ

初めて白い小花を咲かせ
初めてまあるい実をつけた


猫日和511-4


いつも一緒にいたのに
いつも見ていたつもりだったのに

外に出たかったこと
ちっとも気づいてあげれなかった

少し元気がなかったの
気になっていたのに

ごめんね


猫日和511-5


季節外れのストロベリーグァバの実は
洋梨にとてもよく似た歯触りと優しい甘さ

これから寒くなる冬はお家でゆっくり暖まろう
来年はもう少し早めにお外に出してあげる

暖かくなったらまた
キラキラあなたの喜ぶ顔が
見れますように





ランキングに参加してます。お気に召したら応援2クリックお願いします。
↓現在の順位もご確認いただけます↓



にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト

| 花日和 | 18:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫日和508 紫陽花

猫日和508


雨の季節に色づく紫陽花

雨に打たれて水色になったの?
雨をたっぷり飲んだから水色になったの?
葉っぱはどうして水色じゃないの?

よーく見るとほんのりピンク色してるのは
恥ずかしがりやさんの証拠ね

ネコの頭に大きな紫陽花帽子
被せてあげる





ランキングに参加してます。お気に召したら応援2クリックお願いします。
↓現在の順位もご確認いただけます↓



にほんブログ村 猫ブログへ


| 花日和 | 23:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫日和501 オリーブ

「クリスマスツリーだよ」って
人パパが持って帰ってきたけど・・・


猫日和501-1


「わーい ほんとだ♡」って
人ママは喜んで飾っているけど・・・


猫日和501-2


僕は怪しんでいるんだ
これは多分クリスマスツリーじゃない


猫日和501-3


クリスマスツリーはもっと大きいはずさ

第一クリスマスツリーにサクランボが
ぶら下がってるなんて聞いたことないよ

黒いサクランボなんて
絶対マズいに決まってる


猫日和501-4


僕はだまされないよ
これはクリスマスツリーなんかじゃ絶対ないね





ランキングに参加してます。お気に召したら応援2クリックお願いします。
↓現在の順位もご確認いただけます↓



にほんブログ村 猫ブログへ

| 花日和 | 21:54 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫日和498

雑草だと言い捨てないで
ちゃんとエノコログサって
立派な名前があるんだよ


猫日和497-1


僕の大好きなおもちゃ
猫じゃらし

僕の大好物
美味しいサラダ


猫日和497-2


だけど秋が終わる頃
エノコロ草は枯れてしまう

もうちょっと居てよってお願いするのに
ちっとも待ってくれやしないんだ

「来年の夏にまた逢いましょう」
小さく風に揺れ枯れてしまった

「来年の夏なんて遠い先 僕は君のこと
 すっかり忘れているかもしれないよ」

本当は僕のことを覚えててもらえるのか
不安になったんだ

待ち遠しい
エノコロ草の夏





ランキングに参加してます。お気に召したら応援2クリックお願いします。
↓現在の順位もご確認いただけます↓



にほんブログ村 猫ブログへ

| 花日和 | 01:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫日和480 イヴ・クライン(仮)

猫日和480-1


[ ルイ14世 ] という札が枝に掛けられ売られていた薔薇は
大きな薔薇達の隙間に追いやられ小さな花を咲かせていた

背高のっぽの薔薇の陰に小さく咲くクリムゾンの花色は
一際深みを増し魅力的に映った

手に取り花に顔を近づけると爽やかな甘い香り
香りが抜けてしまうのではないかと思うくらい
深く深呼吸する 繰り返し繰り返し

鉢が1つ増えるごとに不機嫌になる彼を横目に
迷うことなくこの薔薇をお家へ持ち帰ることに決めた


猫日和480-2


店員の方に「このルイ14世いただきます」と手渡すと
いぶかしい目つきで薔薇を上から後ろからと見つめ
ぶら下がっていたタグを見て一言
「これはルイ14世ではないですねえ」

じゃあ何という薔薇・・・?

名前はわからないけれどルイ14世ではないことは確からしい
店員さん自身ルイ14世を持っているが私の買おうとしている薔薇とは
花の雰囲気が少し違うと言う

何かの手違いで間違った札がつけられたのだろうか
いったいこんなに素敵な君の本当の名前はなあに?


猫日和480-3


調べてみたけれど同じような薔薇は色々あって
どれもとても似ていてどれも少しだけ違う

本当の名前はわからないまま

こんなに魅力的な薔薇なんだから
きっと素敵な名前に決まってる

取り急ぎ君の名前はYves Klein(イヴ・クライン)
Yves Piaget(イブ・ピアッチェ)と似た香りを放つ薔薇だから
Yvesをもらって私の好きなフランス画家の名前にしましょう

私がつけた名前を気に入ってもらえるかしら?

お気に召していただけたなら
本当の名前なんて気にしなくていいのかもね





ランキングに参加してます。お気に召したら応援2クリックお願いします。
↓現在の順位もご確認いただけます↓



にほんブログ村 猫ブログへ

| 花日和 | 16:00 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。